六本木駅5分 港区の産婦人科・婦人科・内科クリニック。不妊症治療・乳がん検診・妊婦健診

子宮筋腫

子宮筋腫はどんな病気?
子宮はニワトリの卵位の大きさで、胃や腸のように伸び縮みできる筋肉(平滑筋)でできています。この子宮の平滑筋の中に、良性のコブのような塊ができるのが子宮筋腫です。
子宮筋腫は、月経が始まる前の若い女性にはほどんど発症しないこと、閉経すると筋腫が小さくなることなどから、その発育には女性ホルモンが深く関与していると考えられています。悪性化する事はめったにありません。
子宮筋腫の症状は?
子宮筋腫に伴う症状で最も多いのは、月経血量が増える過多月経で、出血量が増えることで貧血になることがあります。最近めまいがするとか、階段の昇り降りで動悸がする場合は要注意です。
このほか、筋腫が大きくなり膀胱や尿管、直腸などを圧迫するため、下腹部や腰痛、頻尿、便秘などの症状もみられます。
できる場所は?
子宮筋腫は育つ場所もさまざまです。筋腫が子宮の筋肉の中に埋まっているようなものを筋層内筋腫、子宮の筋肉の外側(漿膜)に突き出してくるものを漿膜下筋腫、内側の子宮内膜(粘膜)に突き出してくるものを粘膜下筋腫とよんでいます。 この場合は不妊の原因、過多月経の原因になります。
kinshu.gif

当クリニックでは
年齢とその方のライフスタイルに合わせて治療方針を立てます。
たとえば、出産計画にあわせてもし妊娠の障害なるところに
筋腫核があれば内視鏡により筋腫核出術を勧めます。
更年期であり、子供を望んでいない場合は
ホルモン剤や低用量ピルを使い閉経を待つなどの診療を行っております。
医療法人 神田第二クリニック
〒106-0031 東京都港区西麻布3-20-14 梅田ビル2F
患者様専用TEL:03-3402-0654
Copyright(C)医療法人 神田第二クリニック. All Rights Reserved.